パチスロ新台 北斗の拳 新伝説創造 解析と天井・期待値・スペック・ゾーン・立ち回りの打ち方





パチスロ北斗の拳 新伝説創造

新着情報

パチスロ新台 北斗の拳 新伝説創造の情報が続々と出始めてきた。
修羅の国が2016年10月3日(月)。一個前の強敵が2015年9月7日であった。途中にパチスロ新台北斗の拳 将があったが、そこはスルーで。
おおよそ一年間のスパンで販売している。
今年2017年も9月にホールに登場する。

気になる新機能を紹介しよう。
今回はなんと初搭載、20連以上の非継続時(昇天時)に継続率が何%であったかが表示される機能があるぞ。といっても20連もすれば、ま〜高継続率ではあるのだが。

前兆ゲーム数は、32ゲームから16Gに変更になっている。
そして、天井は710G+αになる。
中段チェリーは今まで25%でARTに期待だったが、33%に変更になった。高確中の中段チェリーはART確定だ。

筐体

筐体画像が公開された。修羅の国の筐体より、強敵の筐体に近くなっている。

概要

導入日:9月4日
5.5号機で登場

公式サイトがオープン

北斗カウンター

今作は強敵で搭載の「北斗カウンター」に似ており、中央に搭載されている。

リール配列

北斗の拳 新伝説創造リール配列

ゲーム性

千円ベース 約43G
宿命の刻と激闘乱舞を搭載し純増は約1.9枚
北斗揃い…激闘乱舞
赤7揃い…激闘乱舞
金7揃い…激闘乱舞TURBO

中段チェリーの期待度

前作は中段チェリーのボーナス確率は25%だったが、今作は期待度があがり
ARTの期待度は約33%
となっている。
確率は約1/160
となっている。

ART1【宿命の刻】

平均TY約50枚(押し順ベル7回でバトルへ)
激闘乱舞突入率は40%を超える

ART2【激闘乱舞】

今作もオーラの色で継続率を示唆している。
1set約30G+α
継続率66%・79%・84%・89% setストックあり。
継続率は約79~94%ということだ。

激闘乱舞中のステージ

上乗せバトルの期待度がステージによって異なる。
上乗せ期待度(高)→市都
上乗せ期待度(中)→群都
上乗せ期待度(低)→荒野

【激闘乱舞】EX乱舞(TURBO)

毎ゲームG数が上乗せ。最終ゲームはループによる上乗せ。

激闘乱舞TURBO

金7揃いで突入する。激闘ストックの抽選。ベルで約25%となる。

確率

ART【宿命の刻】初当り/出率
設定1 1/224.3/97.8%
設定2 1/220.8/98.9%
設定3 1/213.3/100.9%
設定4 1/195.6/104.2%
設定5 1/186.2/107.1%
設定6 1/175.1/111.1%

ステージ

低 バトロ
↓ オグル
↓ ビジャマ
高 ファルコ

モード

低確、通常、高確、前兆の4種のモード
しかし、一旦高確に移行するまで通常→低確に転落しないシステム。
中段チェリー0でART期待度は約33%

北斗揃い

40Gのsetストック高確率状態+激闘乱舞(継続率上二つ確定)。

昇天

20連以上の非継続時(昇天)に継続率が何%であったかが分かるシステムを搭載

モード移行率(リセット・設定変更時)

朝一の設定リセット時は、天井が510G+αに転宿

レア子役確率

天井期待値

設定判別

ART初当たり率

設定1→1/224.3
設定2→1/220.8
設定3→1/213.3
設定4→1/195.6
設定5→1/186.2
設定6→1/175.1

天井

710G+αで宿命の刻に当選(設定変更後510G+α)

天井恩恵

宿命の刻の当選

通常時の打ち方(中押し)・子役

管理人の感想

除々に北斗の拳 新伝説創造 の詳細が明らかになってきた。
前作の北斗の拳 修羅の国からちょうど一年となる。今作も北斗の良さを残しているようだ。
前作の修羅の国は、コケたイメージがあるが、今作はいったいどうなるだろうか。
黄7も復活している。
そして北斗揃いも健在だ。北斗揃いが上段になるらしい。5万台の出荷予定ということで、これからライターなどの試打動画がでてくることだろう。

期待したい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

パチスロ北斗の拳強敵(とも)・修羅の国(しゅらのくに)についてのゲームフローや攻略・天井・解析・設定判別・打ち方・立ち回り・機械割情報について